Fireタブレットレビュー

Fireタブレット
Fireタブレット

9月30日に発売されたFireタブレットですが、発売日に届いたもののなかなか開封する暇がなかったのですが、ようやく開封できたので使用感をレビューしたいなと思います!

パッケージ、開封

Fireタブレット パッケージ裏面

パッケージ自体は至ってシンプル。開封もビリビリっとめくって本体ご対面ってぐらいにあっさりしたものです。

そして何がびっくりしたかって開封した本体の電源を入れた時に自分の名前が出たこと。どうやら注文者のアカウントがすでに同期されているらしく、すぐに使えるようになっている感じですね。

一見便利ですが、もし万が一商品が配達されている時点で盗難や紛失といった被害にあった時に個人情報が駄々漏れになってしまうのが怖いところです。

Fireタブレットレビュー 商品構成

同梱物も至ってシンプル。充電ケーブルとアダプタ、あとは超簡素化された取扱説明書です。

性能(スペック)

以前にも触れたと思いますが、Fireタブレットの主要な性能としては下記のようになっています。

  • ディスプレイサイズ:7インチ(タッチスクリーン、IPSディスプレイ、解像度1024×600)
  • サイズ・重量: 191mm x 115mm x 10.6mm (313g)
  • CPU:1.3GHzクアッドコア
  • 保存容量: 8GB(マイクロSDカード128Gまで)
  • カメラ: フロント・リア
  • バッテリー:約7時間
  • オーディオ:モノラルスピーカー、マイク
  • Wi-Fi: シングルバンド

ハイスペック機と比べると見劣りする点は多々ありますが、気軽な感じでタブレットを持ちたいという方にはおすすめじゃないでしょうか。

用途としては、メールやウェブサーフィン、チャットなどでしょうか。アプリもそうですね。

 

使ってみて

まず使ってみて思ったのはカメラが使い物にならないなという印象でした。おまけでカメラがついてるぐらいに思っておいたほうが良いと思います。それから回線契約はありませんので、必ずWi-Fiなどの無線LANが必要となります。

画面自体はタッチパネルでとくにもたつく印象はありませんでした。また、アプリに関してはGooglePlayでもなく、Appleでもなくアマゾン独自のアプリストアになります。おそらくアプリ数は少ないのでその点も期待はしないほうがよさそうです。

で、個人的にはアマゾンプライム会員なので、アマゾンビデオを見るのが主な用途になりそうです。

ちなみに今日確認してみたら、予約商品になっていて現時点で最短が12月7日入荷だとか、、、。意外と人気な機種になっているんですね!予約で発売日に購入しておいて一応よかった(笑)

専用カバー

Fireタブレットレビュー 専用カバー

専用カバーも同時に買ってみました。

開いた面を折り曲げて立てるタイプなのですが、これがまたなかなか思うようにならず難しい(笑)コツをつかむまで大変です。

コメントを残す